本物の海外資産運用

コンサルティング

 
 

お問い合わせ

192 WaterLoo Street #05-01, Sky Line Building Singapore 187966

+6594694856

 
 
検索
  • 虎太朗

アクティブファンド vs パッシブファンド

最近、やっとパッシブファンド(投信)が急激に増加してますが、これは非常に健全なことだと見ています。


資産運用業界に長くいた人間として、アクティブ運用は極論不要です。アクティブ運用のフィーに見合うパフォーマンス出すには、ヘッジファンド並みに市場と向き合って、マネージャーはプライベートを犠牲にする覚悟が必要です。実際は日系はもちろん、外資系もほとんどのマネージャーがサラリーマン化されてるため、決まった時間内で、パッシブ+アルファの運用をしているに過ぎません。

+アルファというのは、例えばユニクロをベンチマークでは、5%組み入れるところを6%配分するという話です。 これが実に馬鹿らしいのは、サラリーマンアナリストが一緒懸命リサーチして、ユニクロは買いだと強い推奨しても、たった1-2%程度配分を多くするだけなのです。

もっと馬鹿らしいのは、逆のパターンで、例えばあるアナリストが今期トヨタはかなり厳しそうだと把握します。 ただ、それでも時価総額の大きいトヨタ株をゼロにする事は無く、1-2%程度アンダーウェイトするだけです。

このような矛盾は、アクティブ運用と言ってもトラッキングエラーという指標に縛られてるからです。 トラッキングエラーとは、パッシブ運用のベンチマークに対して、どれくらい乖離するかをリスクとして判断する指標です。

つまり、アクティブ運用とは言え、トラッキングエラーは何%までとか制限してるため、どんなに良いアナリストが良い銘柄を探してもポートフォリオに与える影響は限定的なのです。

それにも関わらず高い報酬がかかるアクティブ運用は、理論的に破綻してますし、買うべきでは無い。

でもなかなか無くならないのは、それを資産運用業界が認めたら、職が無くなるからです。パッシブ運用は、基本的にベンチマークにリターンが追随するようにポートフォリオを構築するだけですから、Excel使える人が1人で極論的には出来ます。

アナリストや資産運用業界の雇用を守る為に、アクティブ運用を続けるのでは無く、もっと新時代の資産運用に業界も目を向けるべき時期です。


またご希望者には、今月末に日本株特選銘柄を推奨します。





18回の閲覧

最新記事

すべて表示

今月のオススメ日本株

いよいよ米国大統領選も近くなり、また欧米中心にコロナ感染者が再増加傾向にあるため、先月の株式市場は世界的に下落しました。S&P500も数ヶ月ぶりに下落して終わりましたし、日本もマザーズ市場の売りが激しく、大きく相場は下げています。 ただ、個別株を見て行くと米国ではGAFAの決算は期待以上(アップル除く)でしたし、30日には日本株でも多くの決算発表がありましたが、すららネット、レーザーテック、エムス

不動産の目利き(区分店舗)

久しぶりに不動産の話です。夏に日本に帰国した際に、中央線沿いの有名な駅から徒歩3分の区分店舗物件を見に行きました。マンションの1階部分にある店舗で、立地はいいです。ただ、三為なので、銀行融資は使えない(現金購入)のと、1984年築なので、決して新しくなく、なんとなく雰囲気も古いマンションでした。 さらに問題なのが28m2しかない区分を2区画(25m2と3m2) に分かれており、その25m2の大きい

©2019 by シンガポールのビザと永住権。Wix.com で作成されました。