本物の海外資産運用

コンサルティング

 
 

お問い合わせ

192 WaterLoo Street #05-01, Sky Line Building Singapore 187966

+6594694856

 
 
検索
  • 虎太朗

不動産市場 Office vs Hotel

大バーゲンの記事にも書いたが、不動産株とREITには注目しています。

理由は、不動産と一口に言っても専門分野が大きく違い、今回のコロナの影響が分野によって大きく違うと予想するからです。不動産はレジデンシャル→オフィス→物流・コマーシャル→ホテルといった具合に景気の影響を受けにくいため、コロナの影響でオリンピック延期、観光客減少、インバウンド需要のような影響はホテルや商業ビルは大きく受けますが、

レジデンシャルやオフィスは限定的と考えます。(一部オフィスにテレワークの影響はあるものの)それにもかかわらず不動産市場は大きく調整しました。

特にREITも大きく売られたのは面白く、8951のような日本を代表するREITが売られた際には買いに向かいました。これらのREITは地銀を筆頭に金融機関が大きく保有しており、投げ売りに動いたのが明確でしたから。


一方で、ホテルの開発業社で在庫を沢山保有しているような会社はオリンピックが延期されて一安心した後も、危険水域にあると考えます。在庫抱えている会社全てではありませんが、短期借入金が多い会社はホテル販売ができないと借り換えができない可能性が高いと推測します。これらの株はショートしております。


実態面でも東京で経営する不動産会社には投げ売りの物件情報が沢山きています。

この傾向はしばらく続くと思いますし、仕込み時期としては最適でしょう。


最後に最近、資産運用に関して多くのご相談を受けます。

基本的には、個人の考えをお伝えする形となりますが、宜しければお気軽にメールください。




146回の閲覧

©2019 by シンガポールのビザと永住権。Wix.com で作成されました。