本物の海外資産運用

コンサルティング

 
 

お問い合わせ

192 WaterLoo Street #05-01, Sky Line Building Singapore 187966

+6594694856

送信が完了しました。

 
 
検索
  • 虎太朗

不可抗力宣言

最終更新: 2020年4月30日

私は3月よりずっとシンガポールに居て、日本に帰国できるタイミングを待っている状態です。シンガポールでもコロナの影響で外出は制限され、飲食店ではテイクアウト以外は禁止されています。それでも毎日数十人の新たな感染者が出ますから、本当にしつこいウィルスです。シンガポールは海外からの旅行者を全面的の禁止しており、ほぼ鎖国状態でも長引いておりますので、日本のみなさんもお気をつけください。

海外の物件(ハワイ)も大きな影響

前回も紹介させていただきましたが、現在私はが保有するハワイのコンドミニアムは大変な事態に陥ってます。

ハワイのコンドミニアム2戸はバケーションレンタルという契約で、ワイキキのホテルとして運用しております。元々サラリーマン時代に減価償却目当て(減価償却の話はまた別途します)で購入しましたが、購入後、価格も上がっていて購入した価格から約40%上がっていました。運用自体は大手ホテル運用会社にマスターリース(定額保証契約)で一任しています。これは仕組み的には転貸借契約となります。もう1戸のコンドミアムは普通賃貸です。

ハワイではバケーションレンタルというホテルビジネスをできる場所が限定されており、合法的にOKな場所は、ワイキキビーチからアラモアナのヨットハーバーまででかつ海側だけです。実際は非合法な民泊も多数営業していますが、昨年Bill89という法案が可決され、非合法民泊の取り締まりが強化されています。

本来、この条例によりホテルにとって、競合数が少なくなり追い風なのですが、それもコロナで一変してしまいました。3月からハワイも入国制限している関係で観光客がいなく、私の保有するワイキキのホテルも本来この時期は80%近い稼働になるのが、5%近くまで落ち込むという異常事態です。そしてとうとう4月18日に「不可抗力宣言」をホテル運営会社がしてきました。

「不可抗力宣言」とは保険約款に記載されている天変地異や戦争など避けがたい事態が発生した場合、契約を解除、または免責できる条項です。

つまり、この宣言によってホテル運営会社はマスターリース(転貸借)で契約されたオーナー投資家に支払う月額保証を免れることができ、投資家はその損失を被ります。

「不可抗力宣言」が解除されるまで収益を上げることができない状態になっております。現時点(4月19日)でハワイの失業率が35%と言われていますから、まさにコロナショック状態です。

リーマンショック以降、長く平和だったので、「不可抗力宣言」なんか気にも留めなかったですが、今後は大家として、テナントの業績や動向も気にすべきでしょうね。

世界的に有名な投資家であるウォーレン・バフェットの名言に「潮が引いた時に、初めて誰が裸で泳いでいたかわかる」というセリフがあります。塩が引くまでは誰がリスクを取っていたか分からないという意味です。今まさに潮が引き始めており、リスクを取り過ぎていた投資家がわかるでしょう。


40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

超オススメ日本株

最近の日本株オススメ情報は機動的に情報配信するためにFace Bookに投稿しています。 ご興味あればそちらをご覧ください。 FIREを目指す日本株 https://www.facebook.com/groups/3770738009605069 さて、今回は久々にBlogで結構オススメな銘柄を紹介します。 それはセルソース(4888)という会社です。この会社は再生医療やコスメ関係の商品を開発して

今、オススメの日本株

日経平均がとうとう3万円台に乗りましたね。 私は主に中小型株中心に見ておりますので、日経平均よりマザーズバイアスがかかるのですが、いずれにしろ、金余りで金利がないこの時代では株式と不動産に資金が集中するのでしょう。 最近のオススメ銘柄を紹介します。 まずは昨年末に上場した4179 Kaizen Platformです。この会社はウェブサイトのUI/UX改善サービスの提供や、広告や販促動画の制作支援を