本物の海外資産運用

コンサルティング

 
 

お問い合わせ

192 WaterLoo Street #05-01, Sky Line Building Singapore 187966

+6594694856

 
 
検索
  • 虎太朗

今月の特選日本株銘柄ー中小型ー

新型コロナウィルスのせいで市場は大荒れですね。特にマザーズ市場はかなり下げてます。

ここでどうするかが投資家としての成否に関わりますが、個人的にはここは引き続き積極的投資しながらも、バリュエーションはよく見て、バリュー相場に耐えうる銘柄ピックしたいです。以下はロング推奨3銘柄です。まあ、コメント見たらどの銘柄かわかるように書いてますが、知りたい方はメッセージください。一応ショートもあります。


某パチンコメーカー 3Q決算の赤字と通期計画下方修正で悪材料出尽くしと予想。4Qのみでは黒字化、会社計画未達ではあるが通期では黒字確保と予想する。来期は6号機規制対応機への入れ替えが本格化する見込みで大幅増益の見込み。本決算時に中計発表を予定しているが、ここで中期的な成長ストーリーが開示されると予想され、この点もポジティブ要因。時価総額200億円に対してネットキャッシュ150億円で割安。今後増配も期待できる。

某ファッションサイト 従来はファッションEC市場においてZOZOに次ぐ明確な2番手を狙い、GMV成長のためにTVCM等広告宣伝費を積極投下してきたが、足元ではGMVの伸びが鈍化し効果の一巡が確認された。この状況を受けて、来期はTVCMの費用を大幅に削減する方針。従来の中期経営計画ではFY20 OP 30億円としていたが、ファッションEC市場での競争激化や、TVCM効果への期待が過大であったことから未達を予想。但し、FY20予想OP 10億円程度までは利益水準が改善すると予想する。この予想に基づけば、来期予想P/E 16x台、GMVが+2桁中盤%の成長力がある企業としては割安と考える。

某リサイクル事業会社 次の決算では久し振りの四半期営業黒字化を予想。新規設備のトラブルから脱するのに時間を要し、また新規事業のナイロンリサイクル事業の立ち上げにも手間取ったが、ようやく当初見込んでいた状況に戻りつつある。改善の遅れ、新規事業立ち上げの遅れにより今期最高益の可能性は低いが、改めて来期には最高益達成にチャレンジできる状況が整いつつある。

28回の閲覧

最新記事

すべて表示

今月のオススメ日本株

いよいよ米国大統領選も近くなり、また欧米中心にコロナ感染者が再増加傾向にあるため、先月の株式市場は世界的に下落しました。S&P500も数ヶ月ぶりに下落して終わりましたし、日本もマザーズ市場の売りが激しく、大きく相場は下げています。 ただ、個別株を見て行くと米国ではGAFAの決算は期待以上(アップル除く)でしたし、30日には日本株でも多くの決算発表がありましたが、すららネット、レーザーテック、エムス

不動産の目利き(区分店舗)

久しぶりに不動産の話です。夏に日本に帰国した際に、中央線沿いの有名な駅から徒歩3分の区分店舗物件を見に行きました。マンションの1階部分にある店舗で、立地はいいです。ただ、三為なので、銀行融資は使えない(現金購入)のと、1984年築なので、決して新しくなく、なんとなく雰囲気も古いマンションでした。 さらに問題なのが28m2しかない区分を2区画(25m2と3m2) に分かれており、その25m2の大きい

©2019 by シンガポールのビザと永住権。Wix.com で作成されました。