本物の海外資産運用

コンサルティング

 
 

お問い合わせ

192 WaterLoo Street #05-01, Sky Line Building Singapore 187966

+6594694856

 
 
検索
  • 虎太朗

未公開株と上場中小型株

最終更新: 5月10日

本日の日経から。資金調達の度にバリュエーションが上がる未公開株。

このバリュエーションは判断が難しい。何れにしても高いバリュエーションで未公開株を購入するくらいなら、上場中小型株投資の方が魅力的だと思う。

大型株では無いが、中小型ならまだまだ3倍くらいリターンを期待できる銘柄があり、逆に言えば、未公開株に投資するなら最低それ以上のリターンを期待したい。

未公開株は売買はできず、透明性も確保しにくい。ただ、それくらいのユニコーンはなかなか発掘できず、結局は中小型株の方が魅力的と考える。スタートアップ投資ならそれ以上mのリターンを求めるべきなのでこれがなかなか難しい。。


と言っても私はスタートアップ投資もしております。投資先はプラットフォーマーであるという切り口で探しており、主にシリンコバレーに拠点がある企業へ投資しております。

理由はプラットフォーマーは簡単ではないが、リターンも大きい(取るリスクに見合う)のと、やはりシリコンバレーのエコシステムは素晴らしいと思うからです。


ステージはシードからシリーズAまたはBまでで、それ以上の資金調達には参加しません。(資金的にもできません。。)

最初は少額を投資しプロラタ条項を確保(貸し株確保みたいな感じ)し、ラウンド進めば大リューションを避けるため追加投資するという感じです。


余談。。写真は私が著名なアクセラレーターである500スタートアップの本社を訪ねたとき。


シリンコバレーの雑居ビルには多くのスタートアップが入居してます。

オフィスはこんな感じです。


投資先は、こんな感じ

https://www.kikacapital.com/blog 







35回の閲覧

©2019 by シンガポールのビザと永住権。Wix.com で作成されました。