本物の海外資産運用

コンサルティング

 
 

お問い合わせ

192 WaterLoo Street #05-01, Sky Line Building Singapore 187966

+6594694856

 
 
検索
  • 虎太朗

米国不動産投資

コロナの患者が拡大する中、日本はGo Toキャンペーン開始してます。コロナ対策と経済の両立はかなり厳しいでしょうね。シンガポールは完全にコロナ対策に重点を置いており、依然として厳しい入国管理や営業規制を継続しております。


そんな中、最近は投資家の顧客の要望でオープンハウスさんが展開している

米国不動産投資に関して、投資家に同席して話を伺いました。昨年の税制改正で海外不動産を利用した個人の高速減価償却(木造4年、RC9年)は今年いっぱいで終了となります。

ただ、法人での利用はまだ可能なため、オープンハウスさんは法人様向けに、この商品を販売継続しております。


個人的には節税(課税繰り延べ)スキームとしては、悪くないですが、米国の戸建て不動産投資はしっかりと物件を探さないと管理費が重く、なかなか利益が出ないのが難しいところです。OHさんは月に100件ほど仕入れしているらしいですが、いい物件が継続して探せるのかがポイントでしょう。


ちなみに私がお勧めするのは以前も書かせていただいた米国不動産(アパート)の共同投資です。


<ブログ>

https://www.singapore-eijyu.com/post/テキサス-ヒューストン264ユニットのアパート共同投資  


築古アパートを購入し、リノベしながらバリューアップ(テナント入れ替え)し、5年くらいで売却する戦略です。米国不動産というと、 NYやLAなどに投資したくなりますが、実はテキサスなどの中西部の方が投資妙味はあります。理由はNYやLAなどは値上がりしすぎで、投資家はキャピタルゲイン(売却時に利益)しか取れません。


つまり、コロナの影響で市場が冷え込んだりすると、利益はあげれなく、むしろ保有しているとネガティブなキャッシュフローになります。一方でテキサスなどはインカム重視の市場で、毎月のインカム収益がプラスになります。


<月次レポート参照>

https://www.dropbox.com/s/7kpvpw1i7nekyeg/LP%20Investor%20Monthly%20Report%206.2020.pdf?dl=0


つまり、テキサス不動産なら市場が悪いなら、無理して売却せず持ち続けてもインカム収益が取れ、市場の回復を待って売却可能です。


何れにしても先進国で唯一人口が増加する米国不動産は投資先としては魅力ですね。




18回の閲覧

最新記事

すべて表示

今月のオススメ日本株

いよいよ米国大統領選も近くなり、また欧米中心にコロナ感染者が再増加傾向にあるため、先月の株式市場は世界的に下落しました。S&P500も数ヶ月ぶりに下落して終わりましたし、日本もマザーズ市場の売りが激しく、大きく相場は下げています。 ただ、個別株を見て行くと米国ではGAFAの決算は期待以上(アップル除く)でしたし、30日には日本株でも多くの決算発表がありましたが、すららネット、レーザーテック、エムス

不動産の目利き(区分店舗)

久しぶりに不動産の話です。夏に日本に帰国した際に、中央線沿いの有名な駅から徒歩3分の区分店舗物件を見に行きました。マンションの1階部分にある店舗で、立地はいいです。ただ、三為なので、銀行融資は使えない(現金購入)のと、1984年築なので、決して新しくなく、なんとなく雰囲気も古いマンションでした。 さらに問題なのが28m2しかない区分を2区画(25m2と3m2) に分かれており、その25m2の大きい

©2019 by シンガポールのビザと永住権。Wix.com で作成されました。