本物の海外資産運用

コンサルティング

 
 

お問い合わせ

192 WaterLoo Street #05-01, Sky Line Building Singapore 187966

+6594694856

 
 
検索
  • 虎太朗

10年に一度大バーゲン

ブルーンバーグには一生に一度とあるが、まあ、10年に一度くらいの大バーゲンなんでしょう。前回はもちろん2008年のリーマンショックです。

ウォーレン・バフェットもこの大バーゲンにしか大きくは動かないため、ここ10年は14兆の現金を保有してましたが、ここにきて航空株を買ったり動いています。


私なら3つのカテゴリー分けで考えます。先ずはコロナで大きく売られているが、回復が強烈な銘柄、二つ目は、市場が大きく売られてる為、下げてはいるが、コロナにむしろポジティブな銘柄、最後は、コロナが回復しても長期間にわたり影響を受ける銘柄。 最初のカテゴリーはベクトル(6058)とか霞ヶ関(3498)みたいな銘柄で、オリンピックの影響を微妙に受ける銘柄です。これらは、保有はしても積み増ししない銘柄です。ただ、いざ中止や延期が織り込まれたら、強烈に戻ると予想しますので、底を確認してポジション取ります。


次は、すらら(3998)又はニチレイ(2871)みたいなイメージで、連れ安になってますが、本質的には巣篭もりやテレワークは追い風な銘柄です。米国ならZoomやNetflix,Slackあたりでしょう。これらは今ロングポジション取ります。


最後は、銘柄名は言いませんが、短期借入が多く、ホテル開発などをしている不動産会社です。ホテルの需要はそう簡単に戻らず、かつ借入が短期では相当厳しいと思います。

これらはショート(売り)です。



https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-20/Q7HKRPDWLU6901



208回の閲覧

最新記事

すべて表示

今月のオススメ日本株

いよいよ米国大統領選も近くなり、また欧米中心にコロナ感染者が再増加傾向にあるため、先月の株式市場は世界的に下落しました。S&P500も数ヶ月ぶりに下落して終わりましたし、日本もマザーズ市場の売りが激しく、大きく相場は下げています。 ただ、個別株を見て行くと米国ではGAFAの決算は期待以上(アップル除く)でしたし、30日には日本株でも多くの決算発表がありましたが、すららネット、レーザーテック、エムス

不動産の目利き(区分店舗)

久しぶりに不動産の話です。夏に日本に帰国した際に、中央線沿いの有名な駅から徒歩3分の区分店舗物件を見に行きました。マンションの1階部分にある店舗で、立地はいいです。ただ、三為なので、銀行融資は使えない(現金購入)のと、1984年築なので、決して新しくなく、なんとなく雰囲気も古いマンションでした。 さらに問題なのが28m2しかない区分を2区画(25m2と3m2) に分かれており、その25m2の大きい

©2019 by シンガポールのビザと永住権。Wix.com で作成されました。