本物の海外資産運用

コンサルティング

 
 

お問い合わせ

192 WaterLoo Street #05-01, Sky Line Building Singapore 187966

+6594694856

送信が完了しました。

 
 
検索
  • 虎太朗

IR(Investor Relationship)について

本日はIR(Investor Relationship)について書いて見ました。

上場企業なら投資家対応(IR)を行います。そして主に機関投資家は企業に直接業績見通しを聞くことによって投資判断をしたりします。ここが個人投資家との大きな違いです。


IRでのミーティングは特に決算発表後に集中して行われ、決算内容に関して詳細情報収集や今後の見通しに関して質問したりします。もちろん、インサイダー情報にならないように話す企業側も聞く投資家側もあまり突っ込んだ話は避けるようにしますが、人間がやることなので、そこは濃淡が出ます。本当に公開情報以外に情報を与えない企業もあれば、これはインサイダーなんでは?と思うような情報を話してしまう企業もあったりします。


そのように個人投資家と機関投資家では株式市場に関して

情報の非対称が起きやすいのです。

企業側も投資家対応をしないと市場での評価が下がりますので、一定のIRはします。

ただ、会社によっては上場したばっかりで投資家対応に慣れてない担当者だったり、話に夢中でグレーゾーンの情報を漏らしてしまう担当もいたりしますので。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

超オススメ日本株

最近の日本株オススメ情報は機動的に情報配信するためにFace Bookに投稿しています。 ご興味あればそちらをご覧ください。 FIREを目指す日本株 https://www.facebook.com/groups/3770738009605069 さて、今回は久々にBlogで結構オススメな銘柄を紹介します。 それはセルソース(4888)という会社です。この会社は再生医療やコスメ関係の商品を開発して

今、オススメの日本株

日経平均がとうとう3万円台に乗りましたね。 私は主に中小型株中心に見ておりますので、日経平均よりマザーズバイアスがかかるのですが、いずれにしろ、金余りで金利がないこの時代では株式と不動産に資金が集中するのでしょう。 最近のオススメ銘柄を紹介します。 まずは昨年末に上場した4179 Kaizen Platformです。この会社はウェブサイトのUI/UX改善サービスの提供や、広告や販促動画の制作支援を