本物の海外資産運用

コンサルティング

 
 

お問い合わせ

192 WaterLoo Street #05-01, Sky Line Building Singapore 187966

+6594694856

 
 
検索
  • 虎太朗

Real Hedge Fund

シンガポールではインカムタックスが課税されないため、多くのヘッジファンドマネージャーが居る。その中で私も投資しているマクロ戦略のパフォーマンスを紹介します。

ご覧のように破壊的なリターンを出しているファンドで、マクロ戦略とは金利、先物、為替、商品といったマクロ経済に依存する指数にデリバティブを使い投資する戦略です。

では、なぜこのような素晴らしいリターンが出せるのか?それはレバレッジを大きくかけるからです。レバが大きくかかるとリターンも上がりますが、リスク(ボラティリティー)も高くなります。実際にファンドのボラティリティーは30%あり、これはマクロ戦略でもかなり高い方です。


ただ、私のように長い間、運用の仕事をして、プロの機関投資家と仕事をしてきた者としては、このようなファンドこそ、投資するに値すると思います。


リターン以外で良いヘッジファンドを見分ける方法として、商業化されているかどうか?があります。ヘッジファンドの創業者は元々が自己資金を運用して開始しているところがほとんどで、パフォーマンスが良いから、乗りたいなら乗る?という感じで外部の第3者資金を受け付けます。この段階ではマネージャーも自己資金を増やしたい一心で真剣に市場に向き合い、全力を尽くします。


一方で、商業化されているとは、資金の多くが第三者の資金で運用されており、マネージャーは自己資金運用より、ファンドからのフィーで儲かる形態です。これが全てダメとは言いませんが、多くの注意が必要です。まず、この形態だと投資家(特に大口投資家)が、色々な注文をつけたりします。特に最悪なのは、最低投資金額を下げることです。

前述のような自己資金運用マネージャーは小口資金の出入りを嫌います。

理由は簡単で、手間がかかって得がないからです。また、多くのリスクを取って運用しているヘッジファンドからしても、資産が少ない人が、その資産の大半を勇気持って投資されても、責任持てないし、面倒なクレームをつけられたりするのも嫌なんです。

なので、多くのヘッジファンドが最低投資額を3千万とか5千万、少なくとも1千万くらいに設定します。(個人的には1千は少ない気がします。)

実際に私の投資しているファンドも最低投資額は3千万(USD300,000)です。


では、日本で販売しているヘッジファンドはどうか?

恐らく商業化されたファンドですね。特に保険系やライフセトルメントと呼ばれる(死亡保障金の受益権を売買)ファンドは、商業化されてます。数百万で投資できるファンドなどはさらにダメでしょう。それなら日本株買ったほうがいいと思います。





117回の閲覧

©2019 by シンガポールのビザと永住権。Wix.com で作成されました。